ピビンパ

韓国の混ぜご飯。もやし・わらび・白菜などの調味した具を米飯の上にのせたもの。石焼ビビンバは日本で発明された
料理。「ピビム」が「混ぜる」、「パプ」が「飯」の意味である。